FC2ブログ
桜が散ってしまい、やっと暖かさも安定してきた春の日です。
着るものも食べるものも明るい色が嬉しい季節です。


tomato.png
 

よろしかったらクリックお願いします!
スポンサーサイト



2014.11.27 だし巻き卵
今月の外人向け教室の献立の中のだし巻き卵です。

tamago-yaki.jpg


まず基本のスープストックを昆布とかつお節で2リットルほど作っておきます。
そこからいろいろな料理に使い分けていきます。

材料は

卵3個
出汁大さじ3
砂糖大1
薄口醤油小1

を混ぜて何度かに分けて巻いてゆき、最後に巻き簀で
形を整えました。

始めて卵焼きの作り方を見た外国人は、卵焼きは
見たことがあるけれど、こんな風に作るのかと
びっくりしますが、実際に自分でもやってみると意外にも
上手にできて大喜びです。

添えに使う大根おろしは、消化を助けてくれるものですが、
お醤油をちょっと垂らして卵焼きと一緒にいただくと
なんとも言えない味のバランスと美味しさです。

と、説明をするのですが、大根おろしにはほとんど箸を
つけてもらえないのが残念です。

コツコツと和食のよさを理解してもらえるように
こちらも努力が必要です。

よろしかったらクリックお願いします!
リクエストをいただきりんごパイを作りました。

りんごパイ2

このお菓子はパイ生地にりんごのコンポートを包んで焼くだけなのですが
ポイントはパートフィユテというパイ生地です。

パートフィユテ生地はバターを折り込んで作りますが、
全部で6回折り込みをしました。間にバターが程よく折り込まれて
パイらしく?膨らみます。

1日で作るのは時間がかかって大変なので2、3日かけてパイ生地を
作り最後の日にコンポートを作って完成します。

1日目にバターを四角にかたち作り、2日目に2回3つ折り、30分寝かせて
2回3つ折りを繰り返し6回三折り。
3日目にコンポートを作って、生地をショーソン型に抜き包み、焼きという感じです。

このパイはフランスのChausson aux pommes(ショーソン・オ・ポム)という名前で、
スリッパ型のパイという意味ですがおもしろい発想ですね。
柏餅の柏の葉にも見えるので柏パイなんてどうでしょう。

よろしかったらクリックお願いします!
チーズの試食会というか勉強会に行きました。

チーズ1

名前は上から右回りに、

穴の空いたエメンタール、羊乳製のケソ・マンチェゴ、カマンベール、
ブリ・ド・モー、山羊乳製のクロタン・ド・シャヴィニョル(シェーブル)、
マンステール、 ロックフォールの順です。

主なチーズの原料となるのは牛乳ですが
チーズとしての栄養素の面から見ると
普通の牛乳の4倍以上のカルシウムが
含まれており、牛乳特有の炭水化物である
乳頭に助けられて、吸収率も大変高いそうです。

またタンパク質も多く含まれています。

ヴェジタリアンや高齢者でお肉を食べない方が
結構増えているので、タンパク質などお肉に替わる
素材としてチーズをメニューに取り入れることを考えています。

色々なチーズを試食しながら、ワインとパンをいただく
ちょっとリッチで楽しい時間でした。


よろしかったらクリックお願いします!
退職のお祝い(?)にお友達から素晴らしいプレゼントをいただきました。

手描きの絵付けを施した器と手作りの和菓子です。

西王母2

時間のかかる絵付けは私の会社を辞める時期に合わせて
心を込めて作ってくださったようです。

和菓子は白あんをお餅のような生地で包んだもので可愛らしい桃のようです。
名前は「西王母」というそうです。

調べてみたら、西王母というのは、大変気高い中国の仙女の名前だそうで、桃の品種の
名前にもなっています。

その桃を真似た和菓子なのですね。本当においしいお菓子でした。

こんなお心のこもった贈り物をできる人に私もなりたいと思います。
よろしかったらクリックお願いします!
少し前に作ったぶりのグリルです。

buri.jpg

ぶりは塩コショーをしてフライパンでグリルします。皮のところも少し時間をかけて
こんがり焼くと魚の皮が嫌いな方でもパリパリと食べられます。

ソースはにんにくと長ネギ、青唐辛子の微塵切り、をオリーブオイルで
和えたものをブリを焼いたフライパンであたため、少しバターとしょうゆを
落としました。

適当に皮をむいたキュウリとトマトは生のままで、自家製のマヨネーズ風
ドレッシングで和えたものを飾ったのですが、これもフライパンで
火を通したほうが魚のグリルと合っていたかなと思います。

ぶり二切れは、和食でよくやるように少しずらして重ねました。




よろしかったらクリックお願いします!
暑い日が続くとご飯がなかなか進みません。

作ってお皿においておけば軽くつまんで食べられるサンドイッチが便利ですね。

ハムとチーズのサンドイッチ

ハムチーズサンド3

バターとマスタードを一緒に練ってパンに塗ります

グリーンカールはパンの大きさにたたんでパンにおき
少しだけマヨネーズを塗ります

ハム2枚とスライスチーズを乗せてもう一枚のパンではさみます

固く絞った濡れ布巾かペーパータオルをかぶせて
10分ほど冷蔵庫に寝かせるとしっとりします

湿らせたナイフで耳を取り、その後6つに切り分けます
好みで耳は一辺を残すのが好きです

食欲があるときは薄切りハムを4、5枚いっぺんにはさむと
食べごたえのある食感になります


バナナとはちみつのマフィン

はちみつバナナマフィン

熟したバナナが残っていたのでバターでソテーしました

トーストしたマフィンに乗せて、砕いたアーモンドをパラパラと

はちみつを上からタラタラとかけて出来上がりです

甘くて好きなものを乗せて「喜ばれマフィン」になりましたヽ(´▽`)/

みなさま、熱中症にどうぞ気をつけて、お元気でお過ごしください!
よろしかったらクリックお願いします!
毎日暑いですね。

会社の人が「人間の限界を超える暑さ」と表現していました。

うちには猫がいるので日中はクーラーを入れたまま出かけるのですが

冷たい部屋に閉じ込めではよくないと、リビングの扉を少し開けておき

反対側のクーラーのない部屋にドアの隙間から自由に出はいりできるように

なっています。部屋を開け放しで電気代が・・・

まあ!猫のために???と言っても猫も生きていますので

経費と思ってあきらめます。

人間は冷たいじゃがいものスープで体調を整えます。

玉ねぎ半分、長ネギ半本(あればポアロー)、じゃがいも、ピーマン1/4を

バターで炒めてチキンストックで柔らかく煮込みジューサーでとろとろにします。

それを漉してから牛乳と生クリームを加え、塩水で味を整えます。

シェフの元で作ったスープと、家で作ったのを比べてみます。

ヴィシソワーズ1

シェフの一品

ヴィシソワーズ2
弟子の小品

美味しい料理って、工程の何気ない手間や最後の盛り付けが

本当に大切って痛感します。修行、しゅぎょう・・・

よろしかったらクリックお願いします!

少し前に作った塩味のパウンドケーキが

少し固くなってしまったので

ベーコンエッグと一緒にフライパンで焼きました。

Bacon Fried Egg with Gtou

焼きあがったら上からオリーブオイルとドライパセリを散らしました。

いつものトーストとは目先が変わっていいものです。

これと人参のジュースを飲んで出かけます!

よろしかったらクリックお願いします!
先日の料理修行は基本に戻ってハンバーグでした。

基本のハンバーグ

牛肉70%、豚肉30%で作りました。3人分で480グラムです。

ポイントはまず、ボールに卵一個を入れて手でよくかき回し、

ナツメグ、塩・コショーを加えてから香り付けのブランデー、

生パン粉(40グラム)も入れてぐるぐると手でしっかり混ぜます。

そこにひき肉を入れて粘りが出るまで練り混ぜます。

途中塊をボールにドッタン、バッタンと叩き付けるとよく

粘りが出て出来上がりがしっとり柔らかくなります。

最後にしっかり火を通したソテーオニオン160グラムを

ざっくり混ぜます。ここではもう練りません。

サラダ油を塗った手で形を整えてフライパンで

片面をこんがり焼き色をつけて裏返し。

余分な油を拭いて弱火にして6分蓋をして蒸し焼きにします。

火を止めて2分間余熱を通します。ここまで絶対に蓋をあけないことだそうです。

うわあ!膨らんだあ!美味しそう!!!の出来上がりでした。

付け合せはじゃがいも、マッシュルーム、ベーコンのボンファムです。

こんな美味しいハンバーグをいつでも家庭で作れれば

みんなでハッピーおうちごはんですね





よろしかったらクリックお願いします!